利用者が急増中の電子タバコ!気になる使用感やメリット・デメリットとは?


電子タバコの使用感は?

徐々に利用者が増えていることから、電子タバコに乗り換えようかな?と検討している喫煙者の方も多いですよね。電子タバコを購入する前に多くの方が気にする「使用感」ですが、現在販売されている商品のほとんどは、かなりの量の水蒸気を発生させる事が出来るので紙巻たばこと同等の満足度が得られます。

電子タバコのメリットとは?

電子タバコの中には「タール・ニコチン」が含まれていない商品も多く存在しています。喫煙時に発生するタバコ独特の臭いの原因となるタールが発生しないので臭いを気にする必要がなくなります。また、タールによる歯の黄ばみもなくなります。また、様々な香りのリキッドが用意されている電子タバコであれば、喫煙と同時に香りを楽しむ事も出来ます。バッテリー付きで何度も使用出来るタイプだけではなく、使い捨てタイプがある等、自分の好みや性格に合わせた電子タバコが見付かります。

電子タバコのデメリットとは?

電子タバコのデメリットの1つとして「販売店が少ない」事が挙げられます。使い捨てタイプを使い切ったり、リキッドがなくなったからといって紙巻たばこタバコのように近くのコンビニに行けば売っているわけではありません。電子タバコ専門店まで足を運んだり、インターネットで購入して取り寄せる事になるので、数に余裕を持つように気を付けなければいけません。また、使い回しが出来るタイプの電子タバコは、定期的にメンテナンスを行う必要があったり初期費用が少しかかったりといった点にも注意してください。

vapeとは、フレーバー付きのリキッドを電気で蒸気として発生させて、それを吸って楽しむという電子タバコのことです。

Related Posts