知っているようで知らないアンティーク家具の魅力とは?


なぜアンティーク家具は貴重なのか

長い時代を超えて受け継がれてきたアンティーク家具は高値で取引されることが多く、それを求める人も後を絶ちません。一体、アンティーク家具の何に人々は魅力を感じるのでしょう。一番の理由はその希少性にあります。アンティーク家具と呼ばれるものの多くは機械を使った大量生産品ではなく、職人が手間暇をかけて作り上げた芸術品でもあります。細部にこだわって彫り込まれた装飾は見る者の目を引き、部屋の主役にさえなれる存在感です。そして、長い時間を経たアンティーク家具はたとえ同じデザインのものがあったとしても色合いや使われ方が違うので世界に一つだけと言える存在になっています。アンティーク家具ファンはそんな一点ものとの出会いを求めているのです。

今では手に入らない貴重な素材

アンティーク家具のもう一つの魅力と言えば使われている素材にあります。家具によく使われる木材と言えばマホガニーやローズウッドなど様々ありますが、中には現在では取引が制限されていたり、禁止されている貴重な木材を使っているものもあります。そんな貴重な木材を贅沢に使った家具は新たに誕生することはありません。今残されているアンティーク家具でしかその美しさを見ることが出来ないのです。

使い続けることが出来る実用性

アンティーク家具は100年以上前に作られたものも珍しくありません。しかも、その多くは現在でも使うことが出来ます。もちろんなにかあるたびに修理や手入れが必要になりますが、それでも100年以上使い続けることが出来るなんて驚かされます。この、家具としての実用性の高さもアンティーク家具の大きな魅力です。

アンティーク家具の魅力は、古き良き時代を感じられる良質な素材と細やかな職人技です。長い時の中で手入れされ続けた家具により、美しいものを大切に使い続けてきた人達の心も知ることができます。

Related Posts